読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちの会社はどれだけ遅くても8時だから。ねっ!

何年か前にうちの会社に労基が入ったらしい。それがきっかけで、うちの会社の就業時間はだいぶ短くなったそうな。

 

なんと…!

どれだけ遅くても午後8時に退社できるのだ!(ババーン!)

ね、早いでしょ?

と、面接で社長に言われた。

 

実際に入ってみると、午後10時、11時 が当たり前だったんだけどね。

(ちなみにそれ以前は午前様や徹夜が普通だった)

 

じゃあ、なんでこんなに就業時間が長いのか。

答えは簡単。雑務である。

営業以外の仕事は午後6時以降にせねばならないという暗黙のルールがある。

どれだけ暇でも、だ。

 

無駄すぎるだろ…!

 

特に女性社員は、コピー紙の補充や、シュレッダーのゴミ掃除、トイレのタオル替え、台所の清掃と、雑務負担が目に見えて多い。

 

そんなこんなで帰れるのは午後10時を過ぎるわけだが、タイムカードはきっちり午後8時に押さなければならない。

 

そういう意味での午後8時に帰れる、ね。社長の嘘つき!と涙をこらえながら今日も元気に働くのである。はぁ。

日曜の夜は

明日のことを考えて泣きそうになる。新しい週がはじまることが恐ろしくて仕方がない。

このまま何回これを繰り返したら終わるんだろう。取れない契約、終わらない原稿作成、気難しい客。気難しい上司。

やっと終えたと思えば、新しい週が始まる。

 

明日起きたら、会社が爆発していればいい。そんな気持ちを抱えて、布団にくるまるのだ。

記念すべき初投稿

こんにちは。

お昼ごはん中の営業女子です。

今日も肩身の狭い思いをしながら、コンビニの駐車場飯です。

 

食べ終わったらまた怒りのデスロードをかっ飛ばすのだ。